”弱いつながり”について

弱いつながり 東浩紀「弱いつながり」を読んだのは昨年の夏頃。 この本に書かれていることが今回のイベントの本来主旨を代弁したものであり、引いては僕が感じている問題意識に大いに重なっている。 そのため、今一度この本の主旨について説明しておこう。